トップページ >> ご案内 >> 難病(特定疾患)とは?
ご案内

難病(特定疾患)とは?

難病(特定疾患)とは?

「難病」は、医学的に明確に定義された病気の名称ではありません。いわゆる「不治の病」に対して社会通念として用いられてきて言葉です。そのため、難病であるか否かは、その時代の医療水準や社会事情によって変化します。

例えば、かつて日本人の生活が貧しかった時代には、赤痢、コレラ、結核などの伝染病は「不治の病」でした。その当時は有効な治療法もなく、多くの人命が奪われたという点で、これらの疾病はまぎれもなく難病でした。その当時は有効な治療法もなく、多くの人命が奪われたという点て、これらの疾病はまぎれもなく難病でした。しかし、その後日本人の生活が豊かになり、公衆衛生の向上、医学の進歩および保健・医療の充実と共に、これらの伝染病は、治療法が確立され不治の病ではなくなりました。しかし、治療がむずかしく、慢性の経過をたどる疾病もいまだ存在し、このような疾病を難病と呼んでいます。

難病については、昭和47年の難病対策要綱に、「(1)原因不明、治療方針未確定であり、かつ、後遺症を残す恐れが少なくない疾病、(2)経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず介護等に著しく人手を要するために家族の負担が重く、また精神的にも負担の大きい疾病)」と定義されています。

我が国の難病対策では、いわゆる難病のうち、原因不明で、治療方法が確立していないなど治療が極めて困難で、病状も慢性に経過し後遺症を残して社会復帰が極度に困難もしくは不可能であり、医療費も高額で経済的な問題や介護等家庭的にも精神的にも負担の大きい疾病で、その上症例が少ないことから全国的規模での研究が必要な疾患を「特定疾患」と定義しています。現在、特定疾患は130疾患あり、うち56疾患の医療費は公費負担助成の対象です。

ビュルガー病(バージャー病)閉塞性血栓性血管炎は、昭和50年10月認定されています。バージャー病は臨床的に特徴のある病気ですが、病理学的には特徴のない病気だということです。全国推計患者数約8.400人~10.000人とも言われ、男女比は9.7対1と圧倒的に男性に多い病気です。発症年齢は男女とも30代から40代が最も多く、患者の中心は45歳から55歳であり、患者の高齢化が示唆されています。

PDFをご覧になるにはAdobe Readerのプラグインが必要です。お使いのパソコンにAdobe Reader がインストールされていない場合はダウンロードして下さい

AdobeReader