トップページ >> 事業活動 >> 循環器病における高度医療推進ネットワーク
事業活動

循環器病における高度医療推進ネットワーク

バージャー病を初めとするいろいろな難病を持つ患者・家族の相談に応じています。

通常は生活の中で、経過的観察を行いながら、日々の生活を過ごしていますが、病状の安定と改善が得られない場合、二次・三次的医療機関の受診が必要とされます。当患者団体では、このように突発的症状の悪化に伴う患者には、いち早く適切な治療法を施す高度先進医療病院に転院することを進めています。また、医療情報の提供を行い、循環器領域の専門医師、専門病院(特定機能病院)を選択する必要な場合は、転院の相談に応じています。

一日も早くより良い環境の基に、専門的高度医療を施す医療の選択を。

バージャー病患者に加齢が加わると、閉塞性動脈硬化症の合併症を生じると言われています。近年、高度先進医療の発展によって、自己骨髄幹細胞移植による血管再生療法を多くの施設で行っています。バージャー病、閉塞性動脈硬化症など、再生幹細胞移植の治療が受けられるようになりました。主治医の先生にご相談のうえ選択することも大切です。

循環器内科 国立循環器病センター 心臓血管内科
大阪大学医学部附属病院 循環器内科
順天堂大学医学部附属順天堂医院 循環器内科
信州大学医学部附属病院 循環器内科
先端医療センター病院 循環器内科
循環器外科 東京大学医学部附属病院 血管外科
筑波大学附属病院 心臓血管外科
大阪労災病院 末梢血管外科